「商事」信託とは?民事信託と何が違うの?その違いを徹底解説!

「商事」信託とは?民事信託と何が違うの?その違いを徹底解説!

最近、「家族信託」という言葉を目にする機会が増えてきましたよね。

銀行などの金融機関でも、「家族信託」という名前のついたサービスが提供されるようになってきました。

銀行などの金融機関が提供する「家族信託系サービス」と、一般的な「家族信託(民事信託)」は混同されがちですが、実はこれら、全く異なるものなんです。

金融機関が提供しているサービスの多くは「商事信託」と呼ばれるものであり、通常の家族信託(民事信託)とは様々な面で違いがあります。

では、一体どのような違いがあるのでしょうか。

今回の記事では「民事信託」と「商事信託」両者の違いや特徴について、「信託」という言葉の意味からご説明します。

目次

そもそも「信託」って?

両者の説明に移る前に、皆さんは「信託」とは何かをご存知でしょうか?

「家族信託」をはじめ「信託銀行」「不動産信託」「投資信託」など、「信託」という言葉は様々な場面で利用されていますが、言葉の意味合いはどれも同じです。

「ある人(委託者)が、自分の所有する財産を信頼できる人(受託者)に託し、一定の目的に従って管理・運用・処分してもらうしくみ」のことを「信託」と言います。

信託は3者から成り、関係性は以下の図のようになります。

  •  委託者(本人)……財産の管理を誰かに頼む(信託する)人          
  •  受託者(家族など信頼できる人)……財産を預かり(委託されて)管理・運用する人
  •  受益者(恩恵を受ける人)……財産から生じる利益を得る人
  • ここで委託者が信託する財産のことを「信託財産」といいます

「信託」という仕組みを利用することで、自分の大切な財産を信頼できる人に託し、自分が希望する目的に沿って、代わりに管理・運用してもらうことができるのです。

信託には種類がある

信託は、受託者のタイプによって「民事信託」「商事信託」というように、呼称が二つに分かれます。

どのような違いがあるのか、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

「商事」信託とは?その目的を解説

「商事信託」とは、受託者が、信託報酬を得る目的で「業」として(※)行う信託のことです。

具体的に言えば、信託銀行や信託会社といった、信託業法に基づき金融庁に認可を受けた事業者を受託者として行う信託のことを指します。

現在、日本で行われている信託の大半は、この「商事信託」となっています。

  • 対公衆性のある行為で、反復継続性をもって行われること

「民事」信託とは?家族信託と違うの?

「民事信託」とは、受託者が、利益を得ることを目的とすることなく、信託契約で定めた目的に従って行う信託のことです。

前述した商事信託と違い、委託者の家族といった「利益を得ること」を目的としない人が受託者となる場合を指します。

また場合によっては、家族で設立した一般社団法人が受託者となる場合もあります。

ただ中でも、受託者が家族となるケースが多いことから、民事信託は「家族信託」と呼ばれているのです。

「民事信託と家族信託では何が違うの?」といった質問を受けることは多くありますが、両者は基本的に同一と覚えておくと良いでしょう。

なお、民事信託の場合、信託業法による規制を受けることはありません(契約によっては、受託者が信託報酬を得る場合もあります)。

「民事信託」と「商事信託」の違いって?

では実際「民事信託」と「商事信託」にはどのような違いがあるのでしょうか?

上記で説明した内容以外の違いについて、ここでは3点ご説明します。

  1. 受託者になれる人の違い
  2. 信託できる財産の違い
  3. 発生する費用の違い

それぞれについてくわしく見ていきましょう。

1:受託者になれる人の違い

誤解を恐れずに言えば、民事信託と商事信託の違いは「家族内の人に資産の管理を行ってもらうか、外部の人に資産の管理を行ってもらうか」の違いです。

家族の中で、自分が財産を託したいと思うような「信頼できる家族」に財産管理をお願いできるという意味で、民事信託は安心感がありますが、一方の商事信託も、免許や専門知識を持った金融機関などの「専門家」によって財産の管理・運用が行われるという意味での安心感があります。

「家族内で資産の管理を完結させたい」という人は民事信託を利用すべきですが、「身近に受託者として管理を任せられる相手がいない」といった場合には、商事信託を利用する方が適切であるかもしれません。

2:信託できる財産の違い

民事信託は、預ける財産の範囲に特段制限がありません。金銭をはじめ不動産や未上場株など、様々な財産の信託が可能です。

一方、商事信託は、預ける財産が予め定められています。信託会社や金融機関ごとに、信託財産として取り扱える資産が既に商品としてパッケージングされているため、基本的に金銭しか取り扱わないことが多いようです。

また不動産や未上場株式は信託できないなど、委託者の希望に沿った商品が必ずしもあるとは限りません。

さらに信託銀行などでは、預ける金銭が数百万円以上でないと認められないケースが多いため、少額を信託したいといった場合に、その要望を叶えることは難しいでしょう。

民事信託は、ご家族間で多様な財産の信託を自由に設計できるのに対し、商事信託は、あらかじめ信託会社や金融機関が定めた設計の範囲内で信託を行うという点で大きな違いがあります。

3:発生する費用の違い

民事信託では、主に子供などの親族が受託者になるため、通常その報酬は無償であるケースがほとんどです(※契約内で定めた場合、受託者が信託報酬を受領するケースもあります)。

一方商事信託は、営利目的で行う金融サービスであるため、受託者である信託銀行や信託会社に対して、信託報酬を支払わなくてはなりません。

数十万円以上の初期費用に加えて、毎月数万円程度の管理費用や運用報酬、各種手数料などが発生します。

各会社によってその費用は異なりますが、高額の設定がされている場合もあるため、利用する際は十分に吟味しておく必要があります。

コンサルティングサービスとしての家族信託も

一部の金融機関では、前述したような商事信託としての家族信託系サービスではなく、コンサルティングサービスとして家族信託の提供を開始しています。

相談先によって異なりますが、コンサルティングサービスには、利用者の要望を実現するための信託の設計から専門家の紹介、信託契約書の文案作成など、ご家族間で家族信託を組成するためのサポートが含まれているようです。

ただ多くの場合、信託できる財産に制限があったり、信託財産額を問わず手数料が一律で定められていたりと、利用者の状況によっては不便に感じる点があるかもしれません。

そのため、検討にあたっては各相談先から資料を取り寄せるなどして、よく比較したうえで利用するかどうかを決定することをオススメします。

ご自身のご希望を叶えられる最良の選択を

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、「商事信託」「民事信託(家族信託)」それぞれの違いについてご紹介しました。

同じような名称のサービスであっても、民事信託か商事信託かで全く異なってくるため、それぞれについて十分に理解を深めた上で利用を検討することが大切です。

どちらが良いと一概に言うことはできませんが、まずは、商事信託よりもコストの負担が少なく、柔軟な設計をすることができる家族信託から検討してみてはいかがでしょうか?

いずれにしても「委託者の希望を実現できるのはどちらか」を考え、ご家族にとって最適な選択ができるようにしましょう。

ファミトラでは、お客様のご状況に合わせた個別具体的なサポートを行っております。

家族信託に限らず商事信託や他制度での対策・併用も含めたうえで、お客様にとって最善の選択肢をご提案いたしますので「どの制度を利用すべきかわからない」といったお悩みをお持ちの方も、まずはお気軽にご相談くださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ファミトラでは【老後の資産管理】に詳しい専門家に相談できる無料セミナーをご用意しています。

この記事を書いた人

小牟田尚子 小牟田尚子 家族信託コーディネーター®

化粧品メーカーにて代理店営業、CS、チーフを担当。
教育福祉系ベンチャーにて社長室広報、マネージャーとして障害者就労移行支援事業、発達障がい児の学習塾の開発、教育福祉の関係機関連携に従事。
その後、独立し、5年間美容サロン経営に従事、埼玉県にて3店舗を展開。
7年間母親と二人で重度認知症の祖母を自宅介護した経験と、障害者福祉、発達障がい児の教育事業の経験から、 様々な制度の比較をお手伝いし、ご家族の安心な老後を支える家族信託コーディネーターとして邁進。

目次