家族信託って一体何なの?必要なの?ネットで読んでもいまいちわからない!

家族信託コーディネーター

お客様からいただく「よくある質問」を漫画でわかりやすく解説していきます

40代・女性

親は「あなたに任せるから家族信託なんて難しいことしなくても良いでしょ」といいます。ネットで読んでも家族信託の必要性がいまいち分かりません。

今回は、ファミトラへのお電話でのお問い合わせも多いこの質問に答えていきます。

目次

「息子夫婦に全部任せる」はトラブルの元

「うちは子どもも自宅の近くに住んでいるし、何かあったら息子夫婦に口で頼むから、もしボケてもきっと大丈夫よ。預金も不動産もちゃんと子どもに任せるわ」

そうおっしゃる親御様はたくさんいらっしゃいますが、家族同士の「なんとなくのお願い」に銀行や証券会社、そして不動産業者は付き合ってはくれません。

なぜでしょうか?
ここで皆さんに質問です。

親のお金を勝手に出金する際、何をもって親に頼まれ、窃盗行為ではないと銀行に証明しますか?
口約束の場合、親から管理を任された資産を生前贈与ではないと何をもって税務署に説明しますか?

認知症発症後、親の介護費用捻出のため子が不動産を売却する際、「親御様の意思が確認できないため契約できません」と言われたら何をもって発症前の親の意思を証明しますか?

銀行は銀行法、証券会社は金融商品取引法、不動産業者は宅地建物取引業法に則って事業を営む必要があり、一家族の「なんとなくのお願い」を「はいはい」と聞いて契約行為を行うことはできません。法律に違反してしまうからです。

全ての関係者が法律に則り、必要な契約行為ができる状態にしておかなければ、親と子のお願いごとを外部の関係者は叶えることはできないのです。

「なんとなくのお願い」を「ちゃんとした契約」にするのが家族信託

では、どうすればいいのでしょうか?

一家族の「なんとなくのお願い」を「ちゃんとした契約」にすればいいのです。家族信託とは信託法という法律に則り、親と子どもの口約束を正式な契約にする方法です。

口約束をちゃんとした契約にすることで銀行、証券会社や不動産業者を巻き込んで正式な管理、運営、処分ができるようになり、認知症発症に伴うたくさんのお金の問題を解決することができるようになります!それが「家族信託※」の素晴らしさです。

家族信託は自分の大切な財産を、信頼できる人(家族)に託し、自分が決めた目的に沿って大切な人や自分のために管理・処分・継承できる制度。小泉内閣の規制緩和の一環で、2007年に信託に関する法律が改正され、個人間の信託ができるようになりました。

家族信託で出来る3つのこと

①委任契約の代用

元気なうちから財産の管理・処分を託すことが出来ます。

委任:事柄の実行や事務的な処理を他の人や機関に任せ、自分に代わってしてもらうこと。

②後見制度の代用(財産管理機能部分に限る)

本人の判断能力低下後における財産の管理・処分を託すことが出来ます。

後見:民法において、制限行為能力者の保護のために、法律行為・事実行為両面においてサポートを行う制度。

③遺言の代用

本人死亡後の資産継承先(財産の仕分け先)を自由に指定することが出来ます。通常の民法では無効となる2次相続以降の財産継承先の指定も出来ます。

遺言:自己の死亡後の財産や身分に関する事項を定める法律行為。

各ご家族で約束しておきたい、もしもの時のお金の管理方法は千差万別です。

自分達の家族はどんな約束をしておくべきなのか?具体的な親と子のお願い事を相談したい方はまずは無料で専門家に相談し、ご家庭の状況にあった方向性を探ってみてくださいね!

【親の認知症】【家族信託】に詳しい専門家に相談する

ファミトラでは、家族信託コーディネーターがお客様の状況に合わせて大切な財産を守るためにサポートいたします。

よくあるご相談内容
  • 老後のことを親へ伝えるのが難しい。どうやって伝えたらいいのか
  • すでに軽度の認知症の症状が出ている場合でも、家族信託が可能なのか
  • 親の離れて暮らしており、老後全般が心配でまずは何から準備すればいいか知りたい
家族信託コーディネーター

以下のボタンをクリックしてお気軽にご相談ください

ファミトラでは【老後の資産管理】に詳しい専門家に相談できる無料セミナーをご用意しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

小牟田尚子 小牟田尚子 家族信託コーディネーター®

化粧品メーカーにて代理店営業、CS、チーフを担当。
教育福祉系ベンチャーにて社長室広報、マネージャーとして障害者就労移行支援事業、発達障がい児の学習塾の開発、教育福祉の関係機関連携に従事。
その後、独立し、5年間美容サロン経営に従事、埼玉県にて3店舗を展開。
7年間母親と二人で重度認知症の祖母を自宅介護した経験と、障害者福祉、発達障がい児の教育事業の経験から、 様々な制度の比較をお手伝いし、ご家族の安心な老後を支える家族信託コーディネーターとして邁進。

目次