【認知症で資産凍結?】親の介護費用問題と家族信託を徹底解説セミナー視聴ページ

オンラインセミナー視聴

以下よりセミナーをご視聴いただけます。
※再生されない場合はブラウザを更新して再度、お試しください。

セミナーの内容

①認知症×お金の問題の基本を知る

介護費用が捻出できなくなる!?認知症と資産凍結の問題をわかりやすく解説いたします。

②親の介護費用を守る鍵となる「家族信託」とは

成年後見制度や生前贈与などとよく比較される「家族信託」について専門家が解説。家族信託を行う基準や何を準備しておく必要があるのかなど、メリットデメリットも含めてわかります。

講師プロフィール

家族信託 セミナー講師

鈴木 浩介(すずき こうすけ)

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士
家族信託コーディネーター
東京都大田区蒲田出身、早稲田大学 法学部卒


早稲田大学法学部卒業後、大手都市銀行にて、信託・不動産・ローン等の個人営業に従事。その後、商業テナントビルのディベロッパー(東証一部上場)にて企画開発業務に従事。信託、不動産の経験を活かし家族信託コーディネーターとして数多くの家族信託組成に関わる。趣味はアルトサックス演奏とサッカー観戦、4歳と2歳の娘を保育園に送迎するのが日課。

 

セミナー視聴時の注意点

当社の許可無く、セミナー内容の一部およびすべてを複製、転載、録音、撮影すること、 また配布、印刷、データの公開など、第三者の利用に供することを禁止します。