選んで簡単!簡易診断制度チェック

いま自分にはどの制度がおすすめなのか「YES」「NO」を選ぶだけで簡易診断が可能です。

診断結果からわかる制度
横手

質問に「YES」「NO」で答えていくと現在のあなたにおすすめの制度がわかります!試してみてね!

簡単チェック!利用できる制度の簡易診断

あなたにぴったりな制度はなに?

最近もの忘れが多い、運動不足、睡眠不足である

すでに認知症またはMCI(軽度認知症)である

生活支援が必要な子供がいる(病気や障害のある子、中年ひきこもりなど)

自分で銀行に行き預金を下ろすことができる

生活支援が必要な子供がいる(病気や障害のある子、中年ひきこもりなど)

認知症になった時に起こる問題

家族とあまり仲がよくない

いずれ自宅を売却しないと施設などに入るお金がない

親族が医療・介護費用を立て替えられる

財産を託せる人がいる

imgタグ

診断結果

結果の文章とか

結果の文章とか

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

結果の文章とか

結果の文章とか

もう一度診断する

imgタグ

診断結果

結果の文章とか

結果の文章とか

もう一度診断する

診断結果からおすすめの制度はこちら

法定後見

すでに判断能力がなく、預金がおろせないなどで困っている場合は、法定後見制度を利用するしかありません。家庭裁判所に申し立てて、後見人を選任してもらいましょう。

もう一度診断する

診断結果からおすすめの制度はこちら

遺言

家族と仲がよくない場合は、相続争い防止のため遺言書がおすすめです。任意後見や家族信託を使わなくてもお金に困らないという人は遺言書だけは残したほうがいいでしょう。

もう一度診断する

imgタグ

診断結果からおすすめの制度はこちら

結果の文章とか

結果の文章とか

もう一度診断する

診断結果からおすすめの制度はこちら

家族信託

子どもなどに財産を託す家族信託がおすすめ。制度の対象となる人の配偶者がすでに認知症の場合で、緊急に自宅を売却しないと資金が足りないという人は1年以内に検討が必要。

もう一度診断する

診断結果からおすすめの制度はこちら

任意後見

おひとり様や子どもがいない夫婦など、財産を託せる相手がいない場合は、任意後見制度で、友人や弁護士、司法書士、社会福祉士などの専門職後見人と契約しておくのがおすすめ。

もう一度診断する